各種制度の説明

■ 目的内利用
 青年が研修・交流で利用する場合は、目的内利用として研修室は無料、宿泊室は割引で利用できます。目的内利用は次の要件の全てに該当する場合で、事前に目的内使用依頼書(FAX可)の提出が必要です。また、利用目的の内容を確認させていただくため、参加者の名簿を提出していただきます。
 なお、宿泊室だけの利用や、営利法人の利用は目的内利用になりません。
【要件】
  (1)青年(15歳以上30歳以下)または外国人を対象とした、研修又は交流事業であること。
  (2)青年(15歳以上30歳以下)または外国人が4名以上いること。
  (3)青年(15歳以上30歳以下)または外国人が過半数以上いること。

 

■ 減免
  次の場合は、当館を減額料金又は無料でご利用いただけます。
(1) 外国人の方が宿泊する場合:減額料金 (パスポート等の提示が必要です)
(2) 研修室を広島市が主催する事業のために使用する場合:無料
(3) 文化創造センター又は中区民文化センターを利用する主催者が宿泊する場合:減額料金
    (シングルのみ。使用許可書の提示が必要です)
(4) 団体による利用で引率者を除いた者が20名以上で宿泊する場合:減額料金
   (団体割引用の申請書の提出が必要です)

その他詳細はお問い合わせください。

 

■ 長期連続利用
   当館の連続利用は原則7日(7泊8日)が限度ですが、 国、地方公共団体(外郭団体を含む) が利用する場合は7日以上の利用ができます。

 

■ 後納
  施設の利用料金は原則として前払ですが(電話代は精算払い)、国、地方公共団体(外郭団体 を含む)は利用料金の後納ができます。

 

■ 指定管理者の指定
 広島市国際青年会館は、公益財団法人広島市文化財団が指定管理者として運営しています。
 概要等はこちら(PDF:Adobe Readerが必要です。)をご覧下さい。